2016年年次報告

平成28年度事業計画

実施事業

●継1 常磐津節の普及振興を図るための公演会事業

事業実施の趣旨
本事業は、広く一般の方々に、江戸から受け継がれる浄瑠璃・歌舞伎音楽の一つでもある常磐津節に親しんでもらい、常磐津節の普及振興及び伝統継承を目的とする。
事業の内容
本年度は昭和16年に協会が発足されてから75年の節目の年となり其の記念事業として正会員と準会員、賛助会員の希望者による合同の記念演奏会を国立文楽劇場 にて開催致します。文楽劇場の舞台機能を存分に生かして常磐津演奏を楽しんで頂けるような演出を企画しております。又常磐津舞踊を日本舞踊協会関西支部の舞踊家に賛助出演して頂き、視覚的にも常磐津を楽しんで頂けるような企画を考えて居ります。広報方法としては劇場、図書館等の公共施設や関連団体を通じてのチラシ配布、並びに当法人発行の機関紙・ホームページ等での案内により告知致します。                    
関西常磐津協会75周年記念演奏会 開催
開 催 日平成28年11月27日(日)
開催場所国立文楽劇場
出 演 者約50名
演  目
  • 三世相(夢醒め、三社祭礼の段)
  • 初恋路千種濡事(上下)
  • お夏狂乱(上下)
  • 乗合船
  • 将門
  • 松の羽衣
  • 吉田屋
  • 山姥
  • 子宝三番叟(舞踊)
  • 松の名所(舞踊)
事業の対象
広く一般市民を対象とした演奏会
事業実施の財源
入場料収入477万5千円
(一般自由席5,000円×947枚、
学生券前売り2,500円×10枚、
学生券当日売り3,000円×5枚)
広告料収入9万円
邦楽実演家団体
連絡会議助成金
99万円
日本芸術文化
振興会助成金
78万3千円
大阪府助成金20万円

●継2 常磐津節の普及振興を図るための機関紙発行事業

事業実施の趣旨
本事業は、古典音楽である常磐津節を一般の方々に理解いただくとともに当法人の活動内容を広く知らしめ、常磐津節の普及振興を図ることを目的とする。
事業の内容
常磐津節の歴史や古典音楽の解説、演奏会等の行事案内、会員紹介等の内容で構成。
  • A3版2枚二つ折り、8頁程度の機関紙
  • 1月及び7月の年2回発行
  • 当法人会員、関連団体及び公共施設等に毎回1,000部配布。
事業の対象
当法人会員、芸団協関連団体、公共図書館、京阪神劇場、及び伝統芸能ファン及び一般市民を対象に発行
事業実施の財源
なし(基本財産運用収入、会費収入等をもって充てる)

その他事業

●他1 当協会準会員、賛助会員の技芸向上を目指した演奏会「ときわぎ」事業

事業実施の趣旨
準会員、賛助会員の普段の稽古成果を発表する場を設け、その技芸向上を目指す。
(28年度は予定なし)

●他2 常磐津節愛好者を増やし裾野を広げるための
常磐津教室事業(ときわづカルチャー)

事業実施の趣旨
気楽に常磐津節に親しんでもらい常磐津節愛好者の裾野を広げることを目的とする。
事業の内容

二年間48回の講座をワンクールとして浄瑠璃、三味線を協会の担当理事が講師となり協会事務所にて講習する。協会ホームページやチラシなどで受講生を広く募集する。

受講料や唄本等の教材は無料。文化庁の人材育成事業に応募し、助成金での事業運営を目指す。

事業の対象
大学生、一般社会人
事業実施の財源
基本的には協会財源を充てるが文化庁の人材育成事業に採択されれば其れを充てる

●他3 常磐津節を語り次いだ先人の供養を目的とする常磐津塚法要事業

事業実施の趣旨
伝統ある常磐津節の歴史を継承していく事を目的とする。
事業の内容
毎年4月4日に大阪市東淀川区にある寂光寺(江口の君堂)の常磐津塚において、常磐津節を語り次いだ先人の供養のための法要行事を行う。当法人の機関紙にて告知及び当協会員に案内を送付し、希望する会員及び常磐津節愛好者が参拝。
事業の対象
協会会員、遺族家族
事業実施の財源
参加者からの参加費と協会財源

●他4 その他事業

28年度はその他事業の予定なし

●他5 常磐津節発展のため次世代の指導者を育成する研修会事業

事業実施の趣旨
次世代の常磐津節指導者を育成し協会会員の増員および常磐津節の発展を目指す。
事業の内容

協会理事長が指導に当たり、短期的には月1回協会事務所にて弾き語りの稽古をして、4カ月に一度大阪市中央会館和室等にて発表の場を設ける。

中、長期的には、近隣の市民や友人知人を初めの稽古人として教え始め、後には一般の弟子も指導できるような次世代指導者の育成を目指す。

事業の対象
協会正会員
事業実施の財源
なし(基本財産運用収入、会費収入等をもって充てる)
平成28年度収支予算(案)
平成28年度 収支予算書(損益計算ベース)
(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)

Ⅰ一般正味財産増減の部

1.経常増減の部

(1)経常収益
勘定科目 28年度予算 27年度予算 増減 備考
(1)基本財産受取利息 3,000 60,000 ▲ 57,000  
(2)受取入会金 80,000 0 80,000  
(3)受取会費 1,298,000 1,327,000 ▲ 29,000  
正会員受取会費 680,000 660,000 20,000 34名
準会員受取会費 312,000 372,000 ▲ 60,000 26名
賛助会員受取会費 270,000 240,000 30,000 45名
休会会員受取会費 36,000 55,000 ▲ 19,000 4名
(正3・準1)
(4)事業収益 5,065,000 1,047,000 4,018,000  
公演会事業収益 4,865,000 652,000 4,213,000  
機関紙発行事業収益 0 0 0  
ときわぎ事業収益 0 0 0  
教室事業収益 0 195,000 ▲ 195,000  
塚法要事業収益 200,000 200,000 0  
その他事業収益 0 0 0  
研修会事業収益 0 0 0  
(5)補助金 2,573,000 2,400,000 173,000  
邦楽実演家団体連絡会議 1,590,000 1,100,000 490,000  
日本芸術文化振興会 783,000 1,100,000 ▲ 317,000  
大阪市 0 200,000 ▲ 200,000  
大阪府 200,000 0 200,000  
(6)雑収益 50,000 0 50,000  
受取利息 0 0 0  
その他収益 50,000 0 50,000  
経常収益計 9,069,000 4,834,000 4,235,000  
(2)経常費用
勘定科目 28年度予算 27年度予算 増減 備考
(1)事業費 10,527,000 3,888,200 6,638,800  
役員報酬 576,000 216,000 360,000  
給料手当 0 0 0  
社員日当 280,000 0 280,000  
福利厚生費 0 0 0  
旅費交通費 313,800 300,000 13,800  
臨時雇賃金 0 0 0  
減価償却費 0 0 0  
会議費 0 0 0  
会場費 2,005,400 290,000 1,715,400  
諸謝金 2,300,000 70,000 2,230,000  
印刷製本費 374,000 404,000 ▲ 30,000  
委託費 0 0 0  
通信運搬費 109,600 125,000 ▲ 15,400  
什器備品費 25,000 0 25,000  
消耗品費 2,000 1,000 1,000  
水道光熱費 0 0 0  
広告宣伝費 18,000 0 18,000  
調査研究費 0 0 0  
渉外費 0 0 0  
事務所賃借料 643,200 643,200 0  
コピーリース料 0 0 0  
租税公課 0 0 0  
支払手数料 1,300,000 1,000 1,299,000  
保険料 0 0 0  
諸会費 0 0 0  
食糧費 220,000 130,000 90,000  
出演料 1,760,000 1,170,000 590,000  
講師料 0 108,000 ▲ 108,000  
記録費 400,000 30,000 370,000  
企画製作費 0 200,000 ▲ 200,000  
塔婆代 200,000 200,000 0  
雑費 0 0 0  
(2)管理費 2,240,000 2,049,000 191,000  
役員報酬 163,200 523,200 ▲ 360,000  
給料手当 0 0 0  
社員日当 120,000 150,000 ▲ 30,000  
福利厚生費 150,000 5,000 145,000  
旅費交通費 350,000 150,000 200,000  
臨時雇賃金 0 0 0  
減価償却費 0 0 0  
会議費 5,000 5,000 0  
会場費 0 0 0  
諸謝金 0 0 0  
印刷製本費 50,000 50,000 0  
委託費 220,000 150,000 70,000  
通信運搬費 120,000 100,000 20,000  
什器備品費 0 0 0  
消耗品費 50,000 30,000 20,000  
水道光熱費 55,000 55,000 0  
広告宣伝費 200,000 0 200,000  
調査研究費 0 0 0  
渉外費 0 0 0  
事務所賃借料 160,800 160,800 0  
コピーリース料 320,000 410,000 ▲ 90,000  
租税公課 70,000 40,000 30,000  
支払手数料 16,000 20,000 ▲ 4,000  
保険料 0 0 0  
諸会費 120,000 150,000 ▲ 30,000  
慶弔費 20,000 50,000 ▲ 30,000  
雑費 50,000 0 50,000  
経常費用計 12,767,000 5,937,200 6,829,800  
評価損益調整前当期経常増減額 ▲ 3,698,000 ▲ 1,103,200 ▲ 2,594,800  
基本財産評価損益等        
特定資産評価損益等        
投資有価証券評価損益等        
評価損益計        
当期経常増減額 ▲ 3,698,000 ▲ 1,103,200 ▲ 2,594,800  

2.経常外増減の部

勘定科目 28年度予算 27年度予算 増減 備考
(1)経常外増減        
(1)経常外収益計        
(2)経常外費用計        
当期経常外増減額        
他会計振替額        
当期一般正味財産増減額 ▲ 3,698,000 ▲ 1,103,200 ▲ 2,594,800  
一般正味財産期首残高        
一般正味財産期末残高        

Ⅱ指定正味財産増減の部

勘定科目 28年度予算 27年度予算 増減 備考
当期指定正味財産増減額        
指定正味財産期首残高        
指定正味財産期末残高        

Ⅲ正味財産期末残高

勘定科目 28年度予算 27年度予算 増減 備考
           
  • 事業費における「事務所賃借料」は事業の使用割合により配賦(公演会事業40%、機関紙発行事業30%、教室事業10%)
  • 事業費における「社員日当」は従事割合により配賦(公演会事業40%、機関紙発行事業30%)
  • 事業費における「役員報酬」は理事の従事割合により配賦(公演会事業40%、機関紙発行事業30%、教室事業5%、研修会事業5%)
平成27年度事業報告

実施事業

継1 常磐津節の普及振興を図るための公演会事業

事業実施の趣旨

本事業は、広く一般の方々に、江戸から受け継がれる浄瑠璃・歌舞伎音楽の一つでもある常磐津節に親しんでもらい、常磐津節の普及振興及び伝統継承を目的とする。

事業の内容

常磐津節を職業とする当法人社員により、年一回定期的に公演会を主催し、国立文楽劇場 小ホールにて開催。劇場、図書館等の公共施設や関連団体を通じてのチラシ配布、並びに当法人発行の機関紙・ホームページ等での案内により告知。

                         
平成27年度(第76回)公演会開催実績
開 催 日平成27年10月3日(土)
開催場所国立文楽劇場 小ホール
出演人数24名
事業の対象
広く一般市民を対象とした公演会
事業実施の財源
入場料収入54万6千円
邦楽実演家団体
連絡会議助成金
30万円
文化振興会
助成金
42万2千円
大阪市助成金20万円

継2 常磐津節の普及振興を図るための機関紙発行事業

事業実施の趣旨
本事業は、古典音楽である常磐津節を一般の方々に理解いただくとともに当法人の活動内容を広く知らしめ、常磐津節の普及振興を図ることを目的とする。
事業の内容

常磐津節の歴史や古典音楽の解説、演奏会等の行事案内、会員紹介等の内容で構成。

  • A3版2枚折り、8頁の機関紙
  • 1月及び7月の年2回発行
  • 当法人会員、関連団体及び公共施設等に毎回1,000部配布。
  • 平成27年7月、第43号機関紙『つどい』を発行。
  • 平成28年1月、第44号機関紙『つどい』を発行。
事業の対象
当法人会員、関連団体、伝統芸能ファン及び一般市民を対象に発行
事業実施の財源
なし(基本財産運用収入、会費収入等をもって充てる)

その他事業

他1 当協会準会員、賛助会員の技芸向上を目指した演奏会「ときわぎ」事業

事業実施の趣旨
準会員、賛助会員の普段の稽古成果を発表する場を設け、その技芸向上を目指す。
今年度は実施を見送り。

他2 常磐津節愛好者を増やし裾野を広げるための
常磐津教室事業(ときわづカルチャー)

事業実施の趣旨
気楽に常磐津節に親しんでもらい常磐津節愛好者の裾野を広げることを目的とする。
事業の内容

今年度より事業内容を見直し、事業通称名を「ときわづカルチャー」とする。
二年間48回の講座をワンクールとして浄瑠璃、三味線を協会の担当理事が講師となり協会事務所にて講習する。一般市民を対象に、協会ホームページやチラシなどで受講生を広く募集する。
受講料や唄本等の教材は無料。
文化庁の人材育成事業に応募し、助成金での事業運営を目指す。(今年度は不採択)

他3 常磐津節を語り次いだ先人の供養を目的とする常磐津塚法要事業

事業実施の趣旨

伝統ある常磐津節の歴史を継承していく事を目的とする。

事業の内容

毎年大阪市東淀川区にある寂光寺(江口の君堂)の常磐津塚において、常磐津節を語り次いだ先人の供養のための法要行事を行う。当法人の機関紙にて告知及び当協会員に案内を送付し、希望する会員及び常磐津節愛好者が参拝。

             
平成27年度常磐津塚法要開催実績
開 催 日平成27年4月4日(土)

参考

定期的な会議の開催実績

第三回社員総会

平成27年6月3日(水)大阪市立中央会館

理事会

12回

平成27年
  • 4月7日(火)
  • 5月11日(月)
  • 6月3日(水)
  • 7月27日(月)
  • 8月24日(月)
  • 9月22日(火)
  • 10月22日(木)
  • 11月23日(火)
  • 12月23日(水)
平成28年
  • 1月15日(金)
  • 2月18日(木)
  • 3月22日(火)

※事業報告の内容を補足する重要な事項はありません。(附属明細書なし)

平成27年度決算書
平成27年度 貸借対照表
(平成28年3月31日現在)(単位:円)

Ⅰ資産の部

1 流動資産

科目 当年度 前年度 増減
現金 892,123 56,794 835,329
普通預金 584,574 2,334,923 ▲1,750,349
未収入金 0 200,000 ▲200,000
未回収会費 1,761,000 1,841,000 ▲80,000
流動資産合計 3,237,697 4,432,717 ▲1,195,020

2 固定資産

科目 当年度 前年度 増減
定期預金 11,000,000 12,000,000 ▲1,000,000
敷金 20,000 20,000 0
固定資産合計 11,020,000 12,020,000 ▲1,000,000

資産合計

科目 当年度 前年度 増減
資産合計 14,257,697 16,452,717 ▲2,195,020

Ⅱ負債の部

科目 当年度 前年度 増減
1 流動負債 872,569 765,800 106,769
2 固定負債 0 0 0
負債合計 872,569 765,800 106,769

Ⅲ正味財産の部

科目 当年度 前年度 増減
1指定正味財産 0 0 0
(うち基本財産への充当額)      
(うち特定資産への充当額)      
2一般正味財産 13,385,128 15,686,917 ▲2,301,789
(うち基本財産への充当額) 11,000,000 12,000,000 ▲1,000,000
(うち特定資産への充当額)      
正味財産合計 13,385,128 15,686,917 ▲2,301,789

Ⅳ合計

科目 当年度 前年度 増減
負債及び正味財産合計 14,257,697 16,452,717 ▲2,195,020
年次報告の一覧